ブログオブサイド 。◇゚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍虎の拳


覇王翔吼拳を使わざるをえない。

 配信されたのは先月と言う、遅れ気味のレビュー。
遅れようが早かろうが、ネオジオゲーマーは必ず
この格闘家(おとこ)ゲーをレビューをしなければならない運命にある…

龍虎の拳は、今の格闘ゲームではおなじみのシステムの生みの親でもあるぐらい。
格ゲージャンキーは龍虎に一度ぐらいは触れ、この熱き魂を感じ取れ!!


大男達が強烈な一撃を出し合い、殴りあう。
格闘ゲームの原点が間違いなくここにある。
体力ゲージの減り具合によって、キャラクターの顔がボコボコになっていくのもすごいリアル。

殴ったり飛び道具を当てたりした時には
スコーン!パコーン!とありえないぐらい爽快な効果音が流れるのも龍虎の特徴。

逆に格闘ゲームとしての出来はイマイチ。
コンボもほとんどない上、一部通常技が相手によって上段になったり中段になったり。

覇王翔吼拳はガードしてもダメージはあまりないものの、
ガードしているのにふっとばされ、ダウンし、気絶してしまうと言う
極限流奥義の名に偽りなしな出来。だがゲームバランスとしてみるとアレ。

龍虎は正直、格闘ゲームとしてプレイすると肩透かしをくらう。
餓狼伝説1のようにCPU戦を楽しむものだと割り切ろう。

CPU戦の合間にあるリョウのバイクデモはフルボイス。
そして、最後はユリの意味深なセリフでの終わり。ストーリーもそれなりに楽しめる。



…なんだか今回は中身スカスカなレビューですが、
あまりやりこんでないのでこんなもんです。あまりやりこむような要素がないと言うか…
CPU戦もそこまで苦労はしないので…




そういえば、リョウの妹、ユリといえば一部KOFで
一枚絵がクソなことになっているのが特徴です。




にしても、これはひどい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://08nos.blog111.fc2.com/tb.php/97-723477c6

 | HOME | 

---プロフィール---

CooRoot

CooRoot

へへ・・素手で受けたらクソゲーが砕けるからね。

TwitGIFは更新されるまで
少し時間かかるみたいです。

Twitter / CooRoot

---最近の記事---

---カテゴリー---

---月別アーカイブ---

---最近のコメント---

---最近のトラックバック---

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。