ブログオブサイド 。◇゚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンピングフラッシュ!

元祖『とびゲー』。

プレイステーション初期はリッジレーサー、
特にクラッシュ・バンディクーがあまりにも頑張りすぎて
あまり日の目を見ることがなかった、このジャンピングフラッシュ。

このゲームの一番の見所はやはり、ジャンプの気持ち良さだろう。
カメラがFPSと同じ、プレイヤーキャラ視点なので迫力も文句無し。


プレイヤーが操作するウサギ型ロボットこと、
ロビット最初っから、なんのデメリットも無しに3段ジャンプができる。

ジャンプ中にタイミング良くジャンプボタンを押すとさらに高い所へ飛べ、
さらにもう一度ジャンプボタンを押すと、さらに一層高く飛び上がれる。

2段以降のジャンプでは視点が変わることがマリオとは大きな違いだろう。

1段のジャンプではロビットの向きは変わらない
2段、3段ジャンプをするとロビット(画面)は真下を向き、足元の様子わかるようになる。
ここでFPSのようなカメラがすばらしいと感じる。

一気にグンと急上昇し、地面へグンと急降下。
たかがジャンプでも「おお!?」と言いたくなる驚きと躍動感が伝わる。

ステージもマリオ64のように自由に歩きまわれるが、
マリオと違ってジャンプ力がとてつもないため、
ある意味マリオ以上の自由度を感じられる。まさに『とびゲー』。

遊園地のようなジェットコースターやメリーゴーランドのような
楽しいギミッグ溢れるステージがあるのもマリオとは大きな違いだろう。





欠点を言うなら、カメラがFPSなため、
3D酔いしやすい人は地獄を見ることだろうか。

PSP、PS3をお持ちの方はプレイステーションストアにて、
たった600円でダウンロード出来る。
PSPならいつでもどこでも とびゲーが楽しめる。

PSPを持ち、良質で爽快なアクションゲームを求めている人は
このジャンピングフラッシュをダウンロードするしかないだろう。
飛べ、飛べ飛べガッチャマン。





「ボスバトルゲキむず」はヨッシーで食い尽くせ。

ボスバトルのこたぁ諦めて…



この間友人が「ゲキむずでボス全部フィギュアにしたよ~」
とか抜かしやがった、化け物め・・


確かにフィギュアにするには、時間と根気さえ惜しまなければ
誰だって出来る…だが、めんどうくさすぎてやる気が湧いてこない…



後半の捏造の内容がシュールww
オプーナめぐって殺人とか怖ぇぇww


んならこいつ見切ってみろやーっ!!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://08nos.blog111.fc2.com/tb.php/173-9f766732

 | HOME | 

---プロフィール---

CooRoot

CooRoot

へへ・・素手で受けたらクソゲーが砕けるからね。

TwitGIFは更新されるまで
少し時間かかるみたいです。

Twitter / CooRoot

---最近の記事---

---カテゴリー---

---月別アーカイブ---

---最近のコメント---

---最近のトラックバック---

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。