ブログオブサイド 。◇゚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネーク


スネークはクセがある部類のキャラだろう。
下スマッシュが周囲攻撃、という固定観念に囚われていると
とてもスネークなんかやってらんないほどに。

だが、スネークは設置キャラとして戦えるが
強攻撃をメインにした流れるような戦い方もできる。
強攻撃で連続攻撃を叩き込み、地雷へ誘い込むような
テクニカルな戦い方も可能。ここまでテクニカルなキャラはあまりいないだろう。
スマブラ屈指のおもしろキャラともいえる。 





■弱攻撃

パンチを繰り出す。
AAでパンチ2連打。AAAでパンチパンチキックのコンボ攻撃。
メタルギアソリッドやメタルギアソリッド2と同じモーション。

蛇足だが、亜空の使者でAボタンを押しっぱなしにすると
キモいぐらいにパンチをモーレツ連打する。
そのスピードは前作のフォックスのA連打なんて遅すぎるほど。
このキモさはゲームを手に入れたら、ぜひとも見てほしい。





■ダッシュ攻撃

ローリングによる対当たり。
一瞬でかなりの距離を、攻撃判定を出しっぱなしで動くため、
奇襲、もしくは混戦を突っ切る場合に使う。

発生はとても早く優秀な技なあまり、この技の使用をあえて控え、
相手の頭の中からこの技の存在を少しでも薄れさせておきたい。





■横強攻撃

膝蹴りを放つ。
膝蹴り中、もう1回Aボタンを押すと続けてパンチ攻撃を繰り出す。
発生は早く、なかなか強い。



■下強攻撃

回転蹴り。
ただし、マリオみたいな足払いではなく、
背中を地面につけるようにして周囲をなぎ払うため、
攻撃判定はやや上にも伸びている。

注意してほしいのは、見る限りどうみても周囲を攻撃しているが、
実は後ろの攻撃判定が無いので、周囲攻撃ではない。
実質、前攻撃と思おう。



■上強攻撃

頭部を低く下げてのハイキック。
足の伸びが良いため、なかなか馬鹿にできないリーチ。
そのリーチは競技場にある空中足場を超えられるほど。







■空中ニュートラル攻撃

最高4連続前方向へキック。最後の4発目のキックは一瞬白く光る。
最後のキックは威力が高いため、出来るだけ狙いたい。

低いジャンプでも最低2連続でキックをし、
しかも64スマブラのサムスとは大違いで
どんなに低いジャンプで空中ニュートラル攻撃しようと
けして体勢を崩すことはないため、着地キャンセルは不要。



■空中前攻撃

一瞬白く光るかかと落とし。
マリオの空中前攻撃のメテオスマッシュ並に発生が遅いが威力は高い。
気のせいだったらすいません、このスネークの攻撃、メテオ…かな?
CPU相手じゃやりにくい…だ、誰か協力を…

たとえ低いジャンプであろうと、
かかと落としをきっちり出してくれるスネークには感謝せざるを獲ない技。



■空中後ろ攻撃

ドロップキックをかます。
この技の注意は、低空で出すと着地の時、
着地体勢が間に合わずにボディプレスのようなことになってしまい、
膨大なスキを晒すという自殺の技になってしまう
全スネーク使いを恐怖のどん底に叩き落す技。

低空2連続ジャンプしたあたりが
ボディプレスにならないギリギリラインと思ってください。
そして、この技を出す時は出来るだけ高空で出しましょう。
空中ジャンプして出すようにすれば問題なし。



■空中下攻撃

超低空だと3連続。それ以外は4連続の真下蹴りを繰り出す。
最初の一発があたると、先読みヒットストップずらしでもされない限り
全段HITが確定する。そのダメージは意外と馬鹿にできない。
たとえこの技のモーションが地味であってもダメージは馬鹿にできない。



■空中上攻撃

足を思いっきり伸ばして真上にハイキック。
これがまたよく伸びる。薄い段差なら貫通してしまう。どんなキックだ。

発生もなかなかよく、地味だが優秀な技。

なお、この技を行っている間に地面に落下すると
着地キャンセルなどという小細工をしなくとも
地面に手をつき、反動を使って一瞬で起き上がってくれる。
64スマブラのサムスとは大違いである。







■横スマッシュ

地面に向けてRPG-7を放つ。武器を取り出す動作があるため、発生は遅い。
爆風に巻き込めるため、範囲は広い。
もちろん、爆風は実質カス当たりだが
スネークの硬直が終わるまで攻撃判定が残り続けるため
スキを消してくれる貴重な爆風。
だが、背後にまわりこまれたときは わしにもわからん…



■下スマッシュ

地雷を埋める。
埋めた後は地雷に攻撃を仕掛けるか、
しばらく時間が経過するか、地雷の上を通過することで爆発する。
横スマッシュの爆風をかすめるように使うか
横スマッシュをする時、背中側に設置しておくなどでスキを消せる。
…が、たいてい自爆するので、自分はあまりやらない。

メタルギアプレイヤーにとって注意してほしいのは、
この地雷はホフクで回収不可能というところ。

もちろん、仕掛けたスネーク自身もくらってしまう。
余計なミスで14~16%もダメージを受けないようにしよう。



■上スマッシュ

なんの武器だこれ…ミサイルランチャー?
横スマッシュ同様、武器を取り出す動作があるために発生は遅い。
かわりにミサイルが飛んでいくため、相打ちになることはないだろう。
スマッシュホールドで溜めれば溜めるほど飛ぶ高さが伸びる。

上へ飛んでいくものの、何もあたらなければ下へ落ちてくる。
スマッシュホールドの溜めをすれば落ちてくる場所も若干ズレる。
これを活用すれば思わぬ奇襲攻撃に活用できるだろう。



※スマッシュ攻撃の共通点

スマッシュ攻撃の時、スネークはしゃがみ状態になるため、
当たり判定も小さくなる。と同時に吹っ飛び力が3分の2に抑制される。
スキは大きいスマッシュ攻撃だが、この踏ん張りだけは覚えておきたい。

…もしかしたら、ただ体勢が低くなるだけで、
しゃがみ状態扱いではないかもしれない。
このブログの中の人は切実に協力者を募集中である。







■しゃがみ

ここで突然だが、スネークのしゃがみについて説明。
スティックを下に入れるとしゃがむ。斜め下に入力するとホフク移動。
他キャラのしゃがみ歩きよりも低い体勢で動ける。
当然だが、ブラスター程度なら笑って下を通過できる。

スティックヲ思いっきり倒すと「これほんとにホフクか?」と疑いたくなるぐらい早くなる。





■アピール

必殺技を紹介する前に、スネークのアピールを紹介しよう。
今作ではアピールは1キャラにつき
上アピール、横アピール、下アピールの3種類ある。
いまからスネークのアピール3つすべて教えよう。





■上アピール

ダンボールを被る。
被って1秒経過し、何かのボタンを押す、もしくは2秒経過すると
自らダンボールの外へ出てくる。スネーク誕生と言う奇跡の瞬間とも言えよう。





■横アピール

ダンボールを被る。

あ、あれ…?





■下アピール

ダンボールを被る。

全部使いまわしじゃねえか!!ふざけんな!!!!!!!



アピールはすべて使いまわしなどと、
あってはならない事態が起こってしまったが、
このダンボールアピール、実はある秘密があるのだ。

ダンボールはスネークが外へ出たとき、投げ捨てられてしまう。
この投げ捨てたダンボール、実は攻撃判定があるのだ。
3%しかダメージが当たらない上、ロクにふっとばないが、狙ってみたくなる。

それが にんげんの サガが…
よろしい ダンボールの ちから とくと めに やきつけておけ!





■通常必殺技

グレネードを投げる。画面に最大2個まで出せる。
Bボタンを押しっぱなしでグレネードを持ったまま移動可能。
ピンを抜いた音から3秒後に爆発する。このことは覚えておきたい。
Bボタン押しっぱでグレネードを持ったままジャンプも可能。

ただし、グレネードを持っている間はスネークの向きを変えることができない。

グレネードはスネークの向きから

前にスティックを倒す→低く投げるが遠くまで飛ぶ
後ろにスティックを倒す→スネークの目の前に落ちる

この『目の前に落ちる』というのは本当に目の前に落ちるので
一歩でも後ろに下がらないと自爆が確定する非常の技。





■横必殺技

ニキータミサイルを放つ。PKサンダーという
クソみたいに操作がややこしい飛び道具とは違い、
とても素直に動いてくれる、スネーク自身にミサイルを当てても自爆しない
という、スネークにとって心に優しい飛び道具。

ミサイルを操作中、スネークは動けないが
ミサイルを飛ばしている間、シールドを展開すると
ミサイルがその場から真下に落ちることは覚えておこう。

原作…というよりも実物に忠実で、
操作をせず、直進させるとスピードがあがる。
これによって遠くまで飛ばすことが可能。

ただし、やっぱり実物に忠実。
画面のどこにも表示されないがミサイルには燃料がある。
燃料が切れたらその場から真下に落ちてしまう。

やや離れたとこからミサイル攻撃…と思わせて寄ってきた敵にあわせ、
ミサイル真下落としで爆風に巻き込む使い方をしよう。





■下必殺技

↓BでC4プラスチック爆弾を設置する。
設置したあと、また↓Bを入力すると爆破。
C4は安定した爆弾で、銃弾で撃とうが火の中にいれようが爆発しない。
それはスマブラXでも変わらず、例え地雷の爆風に巻き込もうが
RPG-7で打ち抜こうが爆発しない。

設置する時は1秒で設置するが、
爆破スイッチを押す時はカッコをつけるため、
たかがボタンを押すという動作に1秒かかってしまう。

攻撃判定は見た目より狭く、自爆してしまう非常の技。
公式では触れられてないが、壁にも設置が可能。
約20%のダメージを受ける。





■上必殺技

飛行型偵察カメラ、サイファーをどこからともなく召還。
サイファーに捕まり、空中浮遊が可能。当然浮遊中は左右移動ができる。
約2秒ほど捕まるとサイファーに振り切られ、落ちてしまう。
捕まって1秒経過してスティックを下に弾くかAボタンを押すと自ら手を離す。

上昇速度はなかなか速いが横移動は遅いという
アイスクライマーのジャンプみたいな性能。
そしてまったくダメージを与えられない技なので注意。



なお、このサイファーは少し変わった性能を持っている。
それは、サイファーを使ったあとしりもち落下にならないのだ。
だからといってサイファーを使ったあとまたサイファーを使うことはできない。
サイファーを使ったら地面に足をつけるかダメージを受けるまでサイファーは再度使用できない。

空中でサイファーを使ったら、着地するかダメージ受けないとサイファーは使えない。
だが他の必殺技や強攻撃は使えるので、
着地までのスキはそっちのほうで補おう。



それから、先ほどは『まったくダメージを与えられない技』といったが、
一応サイファーでもダメージを与えられる手段はある。

覚えておいてほしいのは、スネークが捕まっている間は
どうあがいてもサイファーでダメージは与えられない。


サイファーでダメージを与えられるのは
スネークが手を離してサイファーが単独で飛んでいってしまう時のみ

なお、肝心のサイファーはスネークの手を離れると真上に飛んでいってしまう。
真上にいる相手にぶつけられるといえばぶつけられるが…

…正直、上スマッシュのほうが…



この技のすばらしさはスネークがサイファーに捕まっている間は
どれだけダメージを受けてもまったく怯まない
ことだろう。
亜空の使者でもこのノーリアクション性質はとても役に立つ。







■最後の切り札

グレネードランチャーを撃つ。
6発撃ったらリロード。全12発撃つか、約18秒経過で終了。
※ ↑の18秒とは、スネークがヘリの縄梯子に捕まり、
グレネードランチャーを「カチャッ」と構えてから18秒経過という意味です。


約4秒ごとに一発、自動的に撃ってしまうため、
最低でも4発は発射されることになる。

自分で操作して狙いを定めるのが普通だが、
操作しないでおくと、自動的に狙いを定めてくれるのだ。

ちょっとターゲッティングから外れてるような…
と思っても、しっかり爆風に巻き込んでくれる。

切り札は爆風でカス当たりなんてことがないため、
実はこのオートターゲッティングが意外といやらしいクセモノ。

とはいえ、ちょっとゲームに慣れた人なら
オートターゲッティングなんて簡単に振り切られるため、
相手の動きを先読み、先読みできないならデタラメに撃ちまくろう。

少なくとも12発撃つ前にタイムオーバーをくらった、などという事態は避けよう。



混戦中にヘリの縄梯子と言う超安全地帯に逃げ込み、
切り札終了後のスキを狙われないようにするために
帰還地点を爆撃し、敵を追い払う…というやり方もある。

スネークの切り札はどこで使おうと、切り札が終われば必ず
ステージ中央、一番上の段差に着陸するということを覚えておこう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://08nos.blog111.fc2.com/tb.php/160-da349194

 | HOME | 

---プロフィール---

CooRoot

CooRoot

へへ・・素手で受けたらクソゲーが砕けるからね。

TwitGIFは更新されるまで
少し時間かかるみたいです。

Twitter / CooRoot

---最近の記事---

---カテゴリー---

---月別アーカイブ---

---最近のコメント---

---最近のトラックバック---

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。