ブログオブサイド 。◇゚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームセンターCX 有野の挑戦状


テレビ番組「ゲームセンターCX」の
”有野の挑戦”で、挑戦に失敗したときのこと……。

「もっとゲームがうまかったら……」

有野の頭をよぎった無念の想いは
Nintendo DSに宿り、デジタルな姿となって実体化した!

その名は”ゲーム魔王アリーノー”!

彼は日本中のゲーマーに対し、
挑戦状をたたきつけた。

このゲームは、有野から送られた
キミへの”挑戦状”である!


説明書4ページ、『ストーリー』から抜粋。

ついにあの番組が、ちょっと変わったゲームになって、DSにて誕生!




これすっごいな…無駄に作りが細かい…
1980年代の、ファミコンゲームの雰囲気、音楽、グラフィックを再現してる…
しかも、ちゃんと横に長い長方形の説明書が見れる…

しかも、ファミコンゲームの説明書にあった、
ページの下のほうのワンポイントアドバイスまである…



ゲームの内容は、1980年代に飛ばされた主人公(プレイヤー)が
有野少年と一緒にゲーム魔王アリーノーから出されるゲーム課題をクリアしていく、
というゲーム内ゲームです。

ゲーム内ゲームの意味がわからない人は、
動物の森でファミコンが遊べるというのと同じと思ってください。



ゲームの進行を簡単に言いますと、

 1つのゲームに4つのミッションが1つずつ出てくる
→4つ全部クリアすると新しいゲームが解禁と同時にミッションが1つ出てくる
→以下略

ミッションを2つほどこなすとゲーム雑誌が増え、
裏技やゲームセンターCXに関する小ネタが見れます。



挑戦中、有野が音声で激励を飛ばしたり、いろいろ叫んだりするのも◎
ゲームを一時中断して、有野と雑談もできます。

ゲームの成績によっては


ありの少年「なんや、オマエ ゲームうまいやん!」
      さてはこのゲーム やりこんでるな!?


とか言われます。

だが自分がやりこんでるのは魔界村だと言いたい。

ちゃんとゲーム内では攻略本が存在し、もちろん読むこともできます。
その雑誌の編集長はゲームセンターCXの歴代のAD達。
そのAD達の顔写真は実写もあり、時にはドット絵で表現されてたりも。
ドット絵のAD達は東島がイケメンすぎることを除けば愛嬌があっていいです。

これなんてきれいな東島?って言いたくなる。

もちろん、ゲーム内攻略本でも当時よく攻略本やゲーム雑誌にあった
『はみだしコラム』があるのがニクい。



1980年代のレトロゲーム好きな方は絶対に買いです。
ファミコンのゲームの雰囲気、綺麗ではないものの、どこか味のあるグラフィック、
電子音むき出しのはずなのに、耳障りが良い音楽を再現してるだけに、
使うボタンも十字キーとABボタンのみ。とてもやりやすい。でも奥は深い。

これ絶対ガロスペの男はハマる。確実に。



自分は『スタープリンス』がお気に入り。
これスターソルジャーよりおもしろいんじゃないだろうか。爽快感ありすぎる。






ありの少年「こんなに うまいなんて
      オマエ やっぱゲームすきなん?」

[>ふつうです
 だいすき!


井上ネタまであるとは…なんというゲーム…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://08nos.blog111.fc2.com/tb.php/110-b3a02aa4

 | HOME | 

---プロフィール---

CooRoot

CooRoot

へへ・・素手で受けたらクソゲーが砕けるからね。

TwitGIFは更新されるまで
少し時間かかるみたいです。

Twitter / CooRoot

---最近の記事---

---カテゴリー---

---月別アーカイブ---

---最近のコメント---

---最近のトラックバック---

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。