ブログオブサイド 。◇゚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつやすみのガイドライン


行こうぜ。新たな ”夏休み(とき)”を求めて。

 またもや『こどものじかん』のレビューがやってまいりました。
しなくていいのに…と思ってる人が9割いらっしゃいますが、
そこは気にしないでいただきたいです。原作はおもしろいんだ…





■夏休みの予定のガイドライン


鏡「美々ちゃんは夏休み、どっか行くの?」
美々「うん。単身赴任のお父さんのとこ」
鏡「あ!あたしも長野のおばあちゃんのとこに行くー!」


別になんでもないシーンですが、女の子らしい鏡の貴重なシーンなので
念のためにここで取り上げておきます。

…しかし鏡はいったい何を着ているのでしょうか。
鏡家にはいったいどんな服があるのか…興味は尽きませんね。




■空中殺法のガイドライン


一方のりんは青木が何か業務をしているにも関わらず、
青木が座る椅子をゆらして逆立ちができるようになったよーと報告中。

りん+逆立ち…どう考えてもパンツを見せるいたずら以外連想するものはありません。



青木「ゆ、揺らすな九重!今忙しいからあとにしてくれ!」
りん「むぅぅぅぅぅー………」





むっ、この気は!?

そう言われて黙っている九重りんではありません。
なんと、りんはダイナミックな方法で青木に奇襲をかけました。



りん「無視するなあああああーっ!!」

ウゲゲー!?
後ろの鏡と美々の表情がいいアクセントです…

この型、自分はプロレスで見たことありますが、
いきなり目の前が真っ暗になったら、そら驚くだろうな青木…見ているほうも驚きです。
画面の隅っこにnice boatって書いてないか心配してしまいました。



■つうしんぼのガイドライン

青木は終業式中になってもメモを片手に「うーん…」と唸り、
終業式が終わっても職員室で、メモを片手に唸っています。
そう、子供達を恐怖のどん底に追いやる通信簿の点数付けです。

甘い青木はひたすら点数付けに迷っています。


「みんないい子だから、二重丸あげたいんですよ…
 でも、それじゃいい点取った子が評価されないし…
 点数がすべてじゃないはずです。それを通信簿で反映させたいじゃないですか」


青木は新米教師ですが、なかなか良いことを言っています。
結局やっぱり迷いまくり、帰りの会の時間が来てしまいました。



■九重りんのガイドライン


教室へ向かう途中、りんを発見した青木。当然声をかけます。

青木「九重?」
りん「先生…
青木「どうした?もうチャイムなるだろ。ほら、教室入るぞ」
りん「やだ!」



青木の言うことに従わず、その場で座り込んでしまう りん。
髪長すぎなのでは…と思うのはきっと素人考えです。

青木「やだじゃないだろう。ほら、立って」
りん「やだったらやだ!」


言うことを聞いてくれない りんを前に、困ってしまう青木。


青木「なんなんだよ。今朝からわがままばっかりで…何が気に入らないんだよ」
りん「もうすぐ夏休みだから!
   夏休みになったら…先生に会えなくなっちゃうんだもん…」


りんは青木にとてもなついている(と言うかガチ惚れ)ため、
夏休みに入ると先生に会えなくなるのが嫌だからかまって欲しい。

だから今朝の奇行に繋がったと言う…深いですね。

…にしても、このシーンの りんはしおらしくてかわいいです。
青木もまったく…憎たらしいやらかわいいやらと述べてるぐらい。
ですが自分はどうしても髪のほうに目がいってしまいます。すげえ髪だなほんと…




青木「大丈夫…夏休みでも、先生は学校来てるから」

青木はりんの頭をそっと撫でながら言いました。
りんの表情いいなぁ…この前の、鏡の暴走リアクション回に対抗しているのでしょうか。



青木「面談もあるし、登校日もあるし、プールだって。
   会いたきゃいつでも会えるよ。」
りん「ほんと…?」
青木「ああ」
りん「じゃあじゃあ、逆立ちも見てくれる…?」
青木「ああ」
りん「じゃあ見ててね!」
青木「ま、待て!スカート…」



合唱

…にしても、りんは3年生なのに、今まで学校のプール入ったことないのだろうか。
長期休みだと日直だか宿直だかの先生がいると思うのですが。



■思い思いのガイドライン


いつのまに点数をつけたのかは知りませんが、青木は通信簿を配り、
生徒のみんなは教室を出て、帰路につきました。
ただ、りんだけは青木に抱きつき、浮気したら許さないからねと告げてから帰りました。

このりんの表情もいいなぁ。前回、目の色が変わってたことを忘れてしまいそうです。

生徒は全員下校したあと、青木は生徒が1人もいない教室に居るところへ宝院がやってきます。


宝院「終わりました?」
青木「あ…なんか…変な気分ですね。
   明日から、この教室に子供達がいないと思うと…
   ホッとしたような、不安なような…」
宝院「私ね…夏休みはいつも、終わるのが寂しかったけど、
   今は始まりが寂しいんですよ」
青木「同感です」


やっぱ小学校の教師となると、そういうもんなんでしょうか。
確かに自分は夏休みといえば教育テレビばかり見てた記憶があります。
中学の夏休みにはエヴァンゲリオンがやってたのをかかさず見てました。



■ラグナロク・ジ・アニメーションのガイドライン


なげーよ

その後、1分ほど りん、鏡、美々の3人組による夏休みの後景が静止画で送られます。
いったいなんて手抜きだよ…ROのアニメか?アニメで1分って長いぞ…
りんの良い表情がいくつもあるところは評価するのに…頼むぜ…



■エイリアンのガイドライン

鏡と美々はのんきに肌を焼いている中、りんはぼーっとしています。
その夜、りんははーやく!はーやく!はーやく!と呟いてます。
夏休みのプール開き待ちでしょうか。




青木「水質…よし」

場面が変わって青木です。プールの水質チェックをしていたところの模様。
日直だか宿直だかの先生が毎日こうやって水質チェックしてるんだろうか。




宝院「青木先生」
青木「ほ、宝院先生!?」


お前は泳ぐんじゃなくて監視する側だろ!?
と言いたくなりますが…シギント…細かいことを気にしてはいけない。

そう、こんなことを気にしてはいけないのです。
今着にしなければいけないのは…




宝院のビキニ水着を見てしまった青木…を見てしまったりんです。
りんの恨みは底知れず、海坊主にジョブチェンジしてしまうほどです。




海賊王に俺はなる

このシーンは海坊主りんに驚くのか、
それともキャップを被ってないことに驚くべきなのか、非常に迷うシーンです。

…被れるのか?




青木が宝院を見てたのは胸があるからだ、と解釈したのか、
プールから上がって、りんは胸の無さを気にしてしまいます。
その様子を見て、鏡はいきなり発情期か!?
空気読めてるのか読めてないのかわからない発言をします。



■サングラスのガイドライン


ガラ悪いなぁ

哀愁モードになった りんは1人でスイカを食べ、
1人でどこか間違った日光浴をしてました。

鏡はおばあちゃんの家へ、美々は単身赴任のお父さんのところへ行っているため、
りんは1人、とてつもなく暇をもてあましています。
そんな中、青木の言葉を思い出しました。

「いつでも…会える…」



当然りんは学校へ出向きました。

ですが職員室にも教室にも、誰もいません。



■とびだシッドのガイドライン

 
ふと、窓の外を見た りんは青木と宝院が草刈しているのを見つけました。

宝院「あのー…ご存知ですか?
   今日、近くの公園で花火大会があるんですよ」
青木「へぇー、そうなんですか」
宝院「たぶん…生徒達も行ってるんですが、割と問題が起こることもあって。
   パトロールとか必要だと思うんですよ」
青木「でもそれって、PTAとかの」
宝院「必要だと思うんですよ!!!」


通訳:宝院「一緒に行きませんか?



宝院が1人、熱く語っている中、青木はりんを見つけ、教室へ走っていきました。
宝院は置き去りです。

青木はりんを追いかけますが、
壁の影に潜んでいた りんの飛び出し特攻でもろともプールに落ちた
りしましたが、
2人揃ってプールから花火を見学して終わりました。




すごい満足そう。





次回は亡くなった りんの母親の話です。
アニメでは初めてな鬱話…いや、アニメだと緩和されるかな。されてほしい。



毎度毎度『こどものじかん』のレビューに画像使いすぎな気がします。
もうちょっと絞りたいとは思ってますが、サイズを小さくして容量削減し、
画像の枚数は減らないというなんともダメなレビューっぷりです。

おかげでレビューに費やす時間が長くて仕方が無い…
もっとうまくできないものか。





BOOKOFFでこどものじかん漫画見つけて読んでみたが(序盤だけだけど)ありゃ完全にアウトだ。

4巻は結構ハードですよ。性的な意味じゃなくて。
もし、家族に見つかっても平気な環境なら、こどものじかんの単行本をお買い上げどうぞ。



しえるんるんの嫌がらせ4コマktkrby通行人R

絵はしえるですが脚本は…



ざけんなーっ!ほんとにGCコントローラで格ゲーは無理。
なのに何故、SNKvsCAPCOMがでたのか…


実際出たのはCAPCOM VS.SNK2と言うのはVSシリーズが大量に出ている現在、
よくある紛らわしい間違いなのでそれはともかくとして、
ゲームキューブのコントローラーで格ゲーをやるには
ジョイスティックがないとやってられないと自分も思います。

普通のコントローラーでもCAPCOM VS.SNK2はEOシステム使えば
低レベルなCPUを相手にするぐらいならどうにか…

でも、サムスピジャンキーな自分はいつもKグルーヴを使ってます。
これでリムルル様が参戦してれば完璧だったのに…
うーん…だが、ジョー・東の挑発が、KOF96以降の名物・尻出し挑発になっているから許そう。

CAPCOM VS.SNK3とか出して、
Kグルーヴをサムスピ零準拠にならないもんかなぁとか思ってしまいますが、
無の境地はさすがに強すぎる気がするので、そんな無粋なことはとても言えません。



PSのコントローラーで格ゲーも相当キツイことに、ここまで書いて気づきました。

KOFマキシマムインパクト2はスティック無しでやると激しく親指を痛める…
スタイリッシュアートを封印せざるをえない。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://08nos.blog111.fc2.com/tb.php/105-3fac5b74

 | HOME | 

---プロフィール---

CooRoot

CooRoot

へへ・・素手で受けたらクソゲーが砕けるからね。

TwitGIFは更新されるまで
少し時間かかるみたいです。

Twitter / CooRoot

---最近の記事---

---カテゴリー---

---月別アーカイブ---

---最近のコメント---

---最近のトラックバック---

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。